水沢アリーの整形は目の二重と鼻か?昔との顔の変化は?


今回は第二のローラと言われている、水沢アリーさんの整形疑惑について書こうと思いましたが、どうやら整形された事は本人が既にテレビで暴露されている模様。

まあ具体的な部位に関しては公表していないようなので、本日はそこに重点をおいてみていきましょう。

水沢アリーは整形!

幼少期から
WS000017
誰だ!?と叫びたくなるような1枚。

幼少期なので顔が違う事は当然だと思いますが、少し面影がなさ過ぎです。

 

続いてこちら
WS000001
どうやら上記の画像に関しては、水沢アリーさんの卒アルという意見とローラさんの卒アルという意見があるようです。

私は画像の雰囲気的に後者だとは思いますが、本人達が何も公言していない以上、どちらかだと断定はできませんので、ここでは紹介のみに留まらせていただきたいと思います。

 

デビュー時
WS000002
幼少期とも今とも顔が違います。

この画像を始めて見て、水沢アリーさんだと分かる方はこの世に何人いるのでしょうか。

 

現在
WS000003
画像加工技術のせいなのか、かなり日本人離れした顔になっております。

ツッコミどころも満載ですが、まずは目について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

目の変化!

幼少期
WS000004
天然の目元は一重だったようです。

確かに上記の目は今と違いすぎますので、過去、整形疑惑が浮上したのも無理はありませんね

 

デビュー時
WS000005
目は平行二重です。

上記の画像は2013年頃のものらしいですが、この時点で整形かアイプチかは良く分かりません。

 

続いて、以下にデビュー時から現在までの画像を集めたのでご覧ください。
WS000006
こちらは目の二重線の傷ががっつりついていますね。

というか流石に痕がつきすぎだと思いますので、まだ糸で縫ってある状態だったのかもしれません。

内出血というよりは、血の塊がついているといった感じでしょうか。

デビュー時も平行二重でしたが、おそらく本人は「もっと二重幅を広くして可愛くならないと売れない」とでも思ったのでしょう。これが整形依存症の始まりだったのかもしれません。

美容クリニックの先生も「こんなに幅取ったら目めっちゃ腫れますよ」という助言はしたと思いますが、彼女は「可愛くなれるならいい」と聞かなかったのでしょう。

まあ美しくなるために、この姿で乗り切った事は賞賛に値すると思いますが・・・

WS000007
ちなみにどうやら目は閉じる事ができなかったようですね

まあ二重線で施術がしてあるので当然だとは思いますが・・・

というかこれって眠る際はどうしていたのでしょうね・・・まさか半開きで寝ていたとは思えないですし。。。

腫れが引くまでは目が乾燥して痛かったでしょうね。

 

目を開いた状態だと・・・
WS000008
何かもう二重線って感じではないですね。

肉と肉を無理やりくっつけて溝を作ったみたいな感じです。

やはり自身の顔にあった目の大きさが1番可愛いと思いますが、彼女は目の大きさにのみ執着しすぎましたね・・・

WS000009
こちらは数ヶ月たって徐々に瞼の腫れが引いてきたものの写真でしょうか。

前よりは多少ましになりましたが、広すぎる二重幅がやはり不自然に見えて仕方ありません。

WS000011
ちょっとここで違和感だと思える原因を探してみたのですが、二重幅が広いのとは別に、二重線の下の部分が二重線の上の部分よりも手前側に浮き出ているのが原因かなとも思いました。

二重線の上の部分が覆いかぶさっている状態が自然だと思いますしね。

 

そして現在
WS000010
顔が外国人みたいになっています。目の二重の具合も変わっていますので、何度かお直しを施したのでしょう。

これだけ目をいじくりまわしたという事は、よほど自分の顔が嫌いだったのですね。

 

これと比べるとデビュー当初がいかにましだったかが伺えるかと思います
WS000012
現在は流石に手を加えすぎて、もう元に戻す事は不可能でしょうが、皆さんはどちらの時期の彼女が好みですか?

スポンサーリンク

 

鼻も変化してる?


WS000013
とりあえず、ここが原点っぽいので、その後の画像と比較していきましょう

 

こちらから
WS000015
鼻筋が異様な程にテカり輝いていますね。

プロテーゼを入れた事は画像を見る限りは確信に近そうです。

恐らく上の画像は術後間もない頃のものなのでしょう。プロテーゼを挿入した直後には個人差はありますが、内出血等の症状が出ることはよくある事だそうです。

鼻整形を行った方の体験談では、プロテーゼよりもヒアルロン酸の方が「鼻整形に成功したという実感が早く沸いた」という方もいらっしゃるようです。

プロテーゼはヒアルロン酸よりも持続時間が長い分、ダウンタイムがあるのがデメリットかもしれませんね。

 

続いてこちら
WS000014
こちら鼻先に注目していただきたいのですが、鼻先に謎の凹みが薄っすらと見受けられるかと思います。

ちなみにこの傷はプロテーゼを抜去した際にできる事が多いそうです。施術の上手い医師にやっていただければこういった傷跡が残る事は少ないそうですが、やはり処理に不手際があったりするとこういった症状になってしまうみたいですね。

抜去に関しては、プロテーゼ挿入時よりも鼻に対するリスクを軽んじている方が多いようです。

そういった事のないように、医師選びはしっかりと行った方が良さそうですね。

またプロテーゼを除去すると、プロテーゼが入っていた空間が鼻の中に残ります。

数ヶ月間は鼻の大きさに変化が見られない事が多々あるようですが、時間と共にこの空間も縮小してくるので、抜去時は広くても問題はないようです。

しかし辺に触りすぎると鼻の形が変形してしまう事もあるようなので、くれぐれも気をつけるようにして下さいね。

 

すっぴん画像は?

こちらのようです。
WS000016
特に画像加工等は行ってなさそうですね。

彼女に関しては劣化や肌荒れといった噂はほとんどありませんので、純粋に肌も綺麗なのでしょう。

しかしこの画像では、肌の綺麗さよりも目を閉じた時の目の不自然さに焦点がいってしまいます。

目を閉じた時に二重部分の段差に厚みがあるのも気になります・・・

また瞼だけでなく眉毛までも下方向に引っ張られているように見えますので、やはり目の整形は少し顔に負担を与えすぎているのかもしれません。

 

まとめ

今回の記事を書いてみて思った事は、「彼女の目の整形は芸能界で1番手を加えているのでは?」という事です。

ここまで幅を取りすぎると将来的に瞼が垂れてきて、眠そうな目になってしまうような気がしますが、本人はその事に気づいているのでしょうか・・・

今や日本では美容整形もかなり普及しており、埋没の糸やプロテーゼ、ヒアルロン酸は身体にとって害はないに見えてしまいます

かく言う私も害はないと思っていましたが、やはり調べてみるとプロテーゼ等で拒絶反応が出た方は少なからずいらっしゃるようです。

皆やっているから大丈夫と思うのではなく、この異物を入れたら自分にこんな症状が出る可能性があるという事を念入りに調べて上で、整形は行うのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.