浜崎あゆみ・整形で顔が変化した?鼻と目が昔と違う。豊胸もした?


なぜ彼女について書こうと思ったかというと、何かのミュージック番組(Mステ?)を見ていた際に嫁が「浜崎あゆみ顔変わってない!?」って言ったからです。

化粧に詳しい女性目線で見て「顔変わった?」なんて言われる事はほぼ黒とみてよいのかもしれません・・・

浜崎あゆみは整形?

まずは幼少期画像を見てみましょう。
WS000000
可愛すぎますね笑 幼少期は目の一重二重関係なく可愛いもんです。

パッと見は男の子に見えなくもないかも?

 

小学生くらい
WS000001
WS000002
下の写真は今と違いかなり色黒ですね笑

歌手になる前は結構スポーツに勤しんでいたのでしょうか?

 

15歳
WS000004
15歳・・・この画像が15歳に見えた方は結構少ないのではないでしょうか。

顔つきは20歳くらいのいいお姉さんです(老けているという意味ではありません笑)

 

中学生卒アル
WS000003
「可愛い」の一言ですね。思えば過去の画像はほとんどおでこを出しており、いかに女として自分の顔に自信があるかが伺えます。

 

高校1年生
WS000005
非常に愛らしい表情。こんな瞳で見つめられたら恋愛経験のない男子は勘違いしてしまいます。

というか浜崎さんって結構三つ編みの画像多いんですよね。顔が整っているのでどんな髪型でも似合いますが、三つ編みに関してはあまり好みでない男性も多いそう・・・(理由は多分、真面目そうに見えるから)

女性は髪型1つで大分印象が変えられますので、好みの男子がいる方は、その人の好きな髪型をリサーチし、アプローチするのがいいかもしれません。(男性はギャップに弱い生き物ですので)

 

18歳
WS000006
髪型はかなり爽やかな感じになりました。

16歳までは童顔でしたが、たった2年でここまで変わるとは・・・

 

20歳
WS000007
芸能人!!って感じの顔だちですね。オーラがガンガンに出ています。

Sっぽい顔だちがある種の男性から人気だった事でしょう笑

 

23歳
WS000009
少し劣化が目立ってきたような?という感じですが、笑顔が素敵なので外見はある程度カバーできています。

 

25歳
WS000010
20代半ばですが、皺の入り具合は30後半か40代くらい。

劣化した原因は定かではありませんが、仕事のストレスが肌にダメージを与えてしまったのかも・・・?

 

30歳
WS000011
ほうれい線とあごから頬にかけての線がくっきりと目立つように・・・

皺は一度入ると、そこに線が形成されてしまいますからね・・・

 

34歳
WS000012
全盛期の彼女しか知らない方はこの画像をみても浜崎さんと識別できないでしょう。

何にびっくりしているのかは分かりませんが、とにかく顔が怖いです・・・

 

現在
WS000008
この顔ですね~。流石に数年の内で顔変わり過ぎでしょう・・・

目がおかしいと言われるのも無理はありません・・・

さて以降の段落では疑惑部位を1つ1つ潰していこうと思います。

スポンサーリンク

 

目の変化。

おそらく部位としては皆さんが一番気になる所かと。詳しく解説していきます。

 

小学生
WS000016
一応両目とも二重ですね。右目が奥二重で左目が末広の二重型。

また眉毛の高さや角度が違うことも、今の彼女の面影がないと言われている理由なのかもしれません。

 

中学生
WS000014
目に関しては特にメイク等で変更されている事はなさそうです。しかし左目に関しては成長で末広二重⇒奥二重となっております。

眉毛に関しては全剃りをしてアイブロウ等で書いていたのでしょう。

 

高校生
WS000015
目が両目とも平行二重になっています。アイプチで二重を作っているようには見えませんのでおそらく整形の力を借りたのではないかと・・・

18歳未満は整形に当たって保護者の同意が必要となりますが、幼い頃より既にアイドルとして活動していたため、親は特に反対しなかったのでしょう。むしろ大賛成だったのかも?

ちなみに画像からは幅の狭い平行二重の埋没法か切開法を行ったように見えますが、どちらかかはよく分かりません。

まあまずは様子見という事で前者の可能性の方が高いとは思いますが・・・

 

19歳
WS000013
右目に関しては末広二重に戻ってしまっていますね・・・

左目は右目よりも二重幅が広かったため、そのままの形で定着しています。

また眉毛の位置はかなり下に下げている印象ですね。上部分のテカリもすごい事になっています。

まあ眉毛と目の距離は近ければ近いほど目力がアップしますからね。

 

21歳
WS000017
二重線が2年前よりも格段にアップしたように見えます。

アイプチやメザイク等で実現できる目元だとは思いますが、なんせ本業が歌手なので埋没法等の可能性が濃厚かと(まあアイプチ等で二重にした際、歌う時に目に力を入れたりすると取れてしまう事もあると思いますので・・・)

しかしこれはアイプチに限らず、埋没法でも同じだとは思うのですが皆さんはどう思いますか?

いくら埋没法をしたとしても二重を維持しているのは所詮ただの糸。ナイロン等ちぎれ難いものも多数出回っているようですが、人は1日に約15000回も瞬きをするといわれています。

これに加え歌う時の表情や筋肉の動きでさらに糸の負担は高まると思われます。

上記の画像は脂肪の厚み的に埋没法だと思いますので、彼女は歌っている最中に目に違和感等を覚えていたのかもしれません。

 

そしてお気づきになった方も多いかと思いますが、上記の画像は目頭部分にも変化があります

 

19歳
WS000025

21歳
WS000026
目頭の切れ込みがすごい事になっていますね。

この変化がアイプチ等のメイクで実現不可能な事は、化粧に興味がない男性陣からもお分かりになるかと思います。

蒙古ひだは一切除去され、涙丘がきれいに見えています。方法は今主流のW法あたりではないかと考えられます。

 

24歳
WS000018
この3年間は特に目元のいじりは行っていないようです。

 

25歳
WS000019
まだ二重幅に変化はありませんが、注目すべきは涙袋です。昨年よりも一回り大きくなっていますね。

涙袋の形成には同サイトの他の記事中にもありますようにヒアルロン酸の注入が基本となってきます。

この物質は数年で体内に吸収されてしまうため、なくなる度に注入が必要となってきます。

患者さんの中には「吸収されるたびに入れるのは面倒くさい!」と思われている方もいるようで、半永久的に吸収されない物質を入れる方もいるようです。

その物質とはバイオアルアミド等、人間の他の部位の整形にも用いられているものです。

若い頃は皮膚も分厚く、何を入れてもきれいに定着するとは思いますが、もし吸収されない物質を注入した際、将来的に目の下のたるみがひどく出てしまう事があるようです。

まあ体に異物が入っているので、その分の皮膚への負担が大きくなるのは当然ですが・・・

若い頃の一時の輝きも大切ですが、長い目で見て「将来こんな顔になりたくない」といった事も踏まえて施術の有無を検討した方がよいでしょう。

 

26歳
WS000020
話は戻りまして26歳のお写真です。目は三重になっていますね。

多分目元に関してはこの時点で全切開法をされたのではないかと思います。この整形は施術時に瞼の余分な皮膚や脂肪の除去も行うため、彼女の目元も大変すっきりした印象になっていますね

 

30歳
WS000021
流石に4年も経つと瞼のたるみがかなり目立ってきました。

また目尻に不自然な皺が見受けられますが、若い頃にこういった皺ができる方は整形された可能性が高いように思います。

本来、瞼を閉じた際にしっかりと閉じる事が出来ればこういった不自然な皺の形状にならないと思いますが、瞼がしっかりと閉じられない際はそこに歪が発生し、笑った際も皺が多くできてしまうのではないかと考えられます。

 

33歳
WS000022
この時はつけまつげ等の化粧で目の印象をごまかしている印象です。

 

現在
WS000023
二重の線が非常に不自然すぎます・・・術後あまり時間が経っていないという印象ですね・・・

26歳で一度全切開法をされていると思いますが、おそらく今回は埋没法を行ったのではないかと考えられます。

基本的に埋没法で作った線よりも切開法で作った線の方が強く表れるため、せっかく埋没で二重を作ったとしても、その線が負けてしまい、元のラインに戻ってしまう事が多々あるようです。

本来は前回切開を行った二重線の上に、さらに強固な内部処理を施した二重ラインを作成するのが確実な手段だとは思いますが、彼女の場合は二重幅を数年ペースで変更されているので、これ以上目に二重のラインを作るのが嫌なのでしょう。

もし今回切開法を行ったとして、さらに数年後埋没法を行おうとした際、目が四重になってしまいますからね・・・

目はこれ以上いじらない方がいいとは思いますが、やはり外見にはかなり厳しいと思いますので、これからも整形はされていくのでしょう。

 

 鼻について。

若すぎる頃から鼻の整形なんてしないと思いますので、高校生あたりからの変化を画像で見ていきます。

 

17歳
WS000024

19歳
WS000027
ここ2年の内で変更された箇所が1箇所だけあります。上記の枠内の変化をご覧ください。

鼻先の向く方向が19歳の時の方が若干下方向を向いており、正面からでも鼻の穴が視認できなくなっております。

元々もかなり整った鼻をされているとは思いますが、少し上を向いていた鼻がどうしても気になっていたのでしょう。

基本的にこの整形は鼻の中心部分の鼻中隔が短い人が行う施術となっております。耳裏の軟骨を注入することにより、鼻中隔の長さを縦方向に拡張します。

料金に関しては目の整形とは比較にならない程高額となっていますが、やはり鼻というのは医師の美的センスや技術が大変重要となってくるので、金額もそれに応じたものとなっているのでしょう。

 

続いてこちら28歳~32歳あたりの変化をご覧ください

28歳
WS000028

32歳
WS000029
気になる点は2箇所。鼻翼と鼻根ですね。

19歳から28歳までの9年間はおそらく鼻の整形はされていないと思われますが、上記の4年間はほぼ黒ではないかと考えられます。

28歳時は目と目の間から鼻先にかけて右肩上がりに鼻が高くなっている印象ですが、32歳時はおでこと鼻が合体しており、鼻の根元が少し上昇したため、鼻根から鼻先にかけての角度がゆるやかとなっております。

施術はプロテーゼ挿入とみてよいでしょう。

またもう1点、鼻翼の大きさが縮小しております。鼻翼が大きいのも彼女のチャームポイントとしては魅力的だったと思いますが、やはり女性らしい可愛い小鼻を手に入れたかったのでしょうね。

まあ他の記事中にもありますように、この施術は失敗すると呼吸等、日常生活にも影響がある場合がありますので、名医に担当してもらうことを強くお勧め致します。

スポンサーリンク

 

唇がパワーアップ?

口元に注目してみます。


WS000031

現在
WS000032
上唇と下唇の厚みが明らかみ変わっていますね。とてもメイクでは出せる膨らみではないと思いますので、注入系の整形とみて間違いないでしょう。

このサイトをいつもご覧になっている方ならもうお分かりかと思いますが、上記のふっくら感を出すには脂肪かヒアルロン酸が必要となってきます。

どちらを行ったかの断言をする事はできませんが、初回の様子見であるならば後者の可能性が高そうです。

またヒアルロン酸は本来自身の体内で生成できるため大丈夫だとは思いますが、極稀にアレルギー反応が出る事があるようですので、もし身体におかしな症状が出た場合はすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

豊胸はしているのか?


WS000034

現在
WS000033
カップサイズは2~3カップほど上がっているように思えます。しかし脇に傷等がある画像は出回っておりませんので、シリコンバッグの挿入ではなさそうです。

となると、唇と同じくヒアルロン酸か脂肪の注入という事になりますが、彼女は太もも等、脂肪をとってくる箇所が多くあると思いますので、後者という結論にしたいと思います。

後はパッド等を入れてされにボリュームアップに努めているのでしょう。

 

歯も調査!

19歳
WS000036
歯の大きさ・形状が1つ1つ大きく異なります。前歯が特に大きいのもこの頃の特徴ですね

 

20歳
WS000035
歯並びがきれいになりました。1年での激変である事から差し歯の可能性が濃厚だと思われます。

 

25歳
WS000037
ただ一言、色が大変美しいです。高級感が大変出ていると思います。

天然歯の色合いではありませんので、オールセラミックではなくフルジルコニアではないかと思われます。

またセラミックと違い、歯の強度も桁違いに高いと思いますので、今後歯が欠けてしまったという事も起こりえないでしょう。

 

現在
WS000038
ちなみに現在も歯に関しては特に変化はなさそうです(画像が荒くて申し訳ございません。)

 

すっぴんは?

以下がすっぴんと噂されている写真となります。
WS000039
WS000040
1枚目はご自身がTwitterに投稿されたもののようですが、さすがにこれを見てすっぴんと思う方はいないでしょう。

2枚目ですが、結構前にすっぴんと囁かれていた画像のようです。ニキビやホクロも全くなく、きれいな肌をされていますね。

昔はKOSE等、化粧品のCMに多く出演されていた彼女ですが、最近では美容関係のCMではお目にかかる事が全くないので、少し残念に思います。

今後は「美容関係のCMに浜崎が出演しているから買う」と言われるくらい伸し上がってきていただきたいですね。

 

まとめ

今回のまとめですが、芸能人の中では整形部位は比較的多い方だという印象を受けました。

元の素材はかなり整っていましたので、いじり部位は目のみでよかったのかなあとは思います。

昔の写真を見て「誰だかわかんない」と言われるのは少々悲しいと思いますんで、せめて鼻や唇くらいは昔のままでいてもよかったかもしれません。

状態は整形依存症の一歩手前だと思いますので、今後は周りが制止してくださる事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.