高梨沙羅・整形で顔が変わった?目の二重と鼻を比較検証。


今回は、今人気のスキージャンプ選手、高梨沙羅さんの整形疑惑です。最近彼女をテレビで見る機会が非常に多くなってきましたが、「あれ?こんな顔だったっけ?」と何度か疑問に思った事があります。昔は「イモトに似ている」と言われていた彼女がここまで変わったとなると、やはり何か手を施したのでしょうか・・・?

高梨沙羅は整形なの?

まずは高梨さんの幼少期の写真からご覧くださいませ。
WS000000
こちらになります。

どうやら4歳からバレエをやっていたらしく、バレエ時代の写真だそうです。

顔に関してはどうでしょうか・・・ 面影があると言われればあるような気もしますが、やはり目元がかなり違う気がします。

 

同じく幼少時代
WS000001
ツインテールでとても愛らしい表情をされていますね。

1枚目と少々顔が違う印象を受けますが、これ同一人物なんですよね。(1枚目は髪を上げているから印象が違うだけか・・・)

 

続いて中学生時代の高梨さん
WS000002
美人ですね~。スポーツも得意ですし、さぞかし同学年の異性からはモテた事でしょう。

この画像を見ていると、高梨さんはショートがかなり似合う気がしますね。

 

同じく中学時代の高梨さん
WS000004
こちらは14歳ごろの高梨さんみたいですね。

笑顔がとても素敵で、活発な女の子という印象を受けます。

好きな授業も体育だったようで、よほど身体を動かすことが好きだったことが分かります。

 

現在
WS000003
かなり目のインパクトが大きくなりましたね。

昔の目と違う事は画像を見る感じ、明らかですが、以降は整形かそうでないのかを画像を用いる事で比較検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

目元を比較!

幼少期
WS000005
昔は奥二重だったみたいですね。

遠くから見ると一重にも見えますが、よく見ると、目の途中辺りから線が薄らを写っている事がお分かりになるかと思います。

統計をとっていないので何とも言えませんが、日本人はこういった奥二重の方を結構見かける気がします。

やはり奥二重である分、一重まぶたよりは若干パッチリに見える気がしますね。

 

中学生時代
WS000008
中学時代も目は奥二重に見えますね。

幼少時代から自然に成長した感じに受け取れます。

涙袋もほとんどなく、少し地味な目元にも関わらず、なぜか可愛らしい印象を受けます。

 

別の写真(時期不明)
WS000007
どうでしょうか?

今の高梨さんよりもこちらの高梨さんの方が、素朴な感じでとてもかわいいと思います。

エラは少々張っている顔立ちだと思いますので、髪の長さはエラより上にはしない方がいいかもしれません。

 

現在
WS000006
目がかなり進化している事がお分かりになるかと思います。

二重幅の狭い奥二重から二重幅がかなり広い平行二重に変わりました。

目が大きくて、非常に目力が強い目元ですが、やはり元の目元と比較すると、不自然さや怖さが少しあるような気がします。

 

さて高梨さんが目頭切開をしているのでは?と疑問を持っている方が多くいらっしゃいましたのでまず画像で比較してみます。


WS000010

現在
WS000009
比較してみると目と目の間の距離は全く変わっていないことがお分かりになるかと思います。

奥二重⇒平行二重にした事により、目頭の肉の部分がより見えるようになり、結果、錯覚で目の距離が近くなったように見えてしまうのでしょう。

目頭切開自体はしていないと思われます。

 

さて続いては問題の二重に関してです。

昔までずっと奥二重でスキージャンプの大会とかも出場されていましたし、毎晩のようにアイプチで癖付していたとは少々考えにくいと思われます。

ネット上では化粧やメーク等と言われていますが、実際はどうなのでしょうか・・・?

がるちゃん等でも色々と言われているようですが、個人的には整形したのでは?と思っております。

目を瞑った画像や瞬きの画像がないため、アイプチをしていない目元をはっきりと目撃したわけではありませんが、高梨さんはメディアに多く出る選手でありますし、そんな方がアイプチ等をしてテレビに出るとは少々考えにくいと思います。

メーク歴もまだ浅いでしょうし、付け方が下手であれば、瞼の線からアイプチ等が見え、直ぐにバレてしまうと思います。

またそこまでメークも得意ではない状態でアイプチをし、スキージャンプをしたのであれば、ジャンプした衝撃などで取れてしまう可能性もあるのではないでしょうか?
WS000011
こういった事を踏まえると、高梨さんは整形したのではないか?と考えられます。

まあスキージャンプ選手でお金も沢山持っているでしょうし、そんな人がアイプチで満足するはずがありません。

 

さて、仮に整形しているとすれば、どういった施術をされたのでしょうか?

パッチリ二重になったのは最近ですので、いきなり半切開や全切開をしたとは少々考えにくいと思います。

そうなるとやはり埋没法を用いて、瞼を糸で固定したのではないでしょうか。

この施術法を行ったとすると、この二重幅をとっておられるのであれば、そう長くは糸の耐久も持たないと思われます。

人は1日に何回も瞬きをしますし、二重幅が広いほど、その負担も大きくなってくる事でしょう。

顔の表情に変化がなく、1日を過ごされているのであれば、全く問題ないとは思いますが、やはりスポーツ選手ですので、力んだり、目に力を入れたりすることは多々あると思います。

そうする事で糸に負荷がかかったり、目が突っ張ったような感じになると考えられます。
WS000012
今、彼女が埋没法を行っているという決定的な証拠はありませんが、少なくとも言える事は、高梨さんが「二重のパッチリした瞼になりたい」と思っている事だと思います。

恐らく女性は男性よりも美意識がかなり強いと思いますし、一度、二重の綺麗な自分を味わったとしたら、とても元の奥二重には戻れないと考えられます。

今、もしつけられている埋没法が取れたとしたら、それを再埋没するか検討する時期がくるかと思いますが、高梨さんはどういった選択肢を取られるのでしょうか・・・?

埋没法には止められる限界数というものがあった気がします。

もし限界数を無視して糸をかけ続けたとしたら、いつかその人の目は糸だらけになって、いつか目に何らかの痛みや不具合が出てくる事でしょう。

クリニックは埋没法の糸は人体に影響がないという事を患者さんに話しているとは思いますが、仮にそうだとしても糸は身体にとって間違いなく異物だと考えられます。

そう考えると、一度埋没法をして糸が取れたのであれば、再埋没をするのではなく、自分の理想のラインで瞼を切開し、傷を定着させることが一番確実だと考えられます。

ただ高梨さんは忙しい選手ですので、中々、切開後のダウンタイムを乗り切る時間がないかもしれませんが、そこは上手く時間を有効活用し、周りにばれないように乗り切っていただきたいと思います。
WS000013
よく駅前を歩いていると、寒い時期にサングラスをしたり、暑い時期にマスクをはめていらっしゃる人を見かけます。

おそらくこういった方々はクリニックで手術を受けられた後か、ダウンタイムの最中の方々だと考えられます。

高梨さんは有名人ですので、中々堂々とクリニックに行くのは難しいかもしれませんが、本人だとばれないようにマスクとサングラスと深い帽子を着用し、上手い事乗り切れば大丈夫だと思います。

やはりメディアに出る以上、自分の見た目を気にするのは当然の事ですので、自分の目や鼻を美しくしたいと考えるのは当然の事だと思います。

ただ高梨さんの場合は、昔の画像がネット上に出回っている為、高梨さんが天然の平行二重でないことは誰もが知っている事実となっております。

そのため、自分が綺麗であるアピールや可愛いアピールはあまりされない方がいいと思います。

バラエティに出る時も、少し控えめに発言する事で、視聴者には少し好印象を与える事が出来るかもしれません。

少し長くなってしまいましたが、高梨さんの目について私が思った事の解説は以上にしたいと思います。

 

鼻は変わったのか?


WS000014

現在
WS000015
ネット上では「鼻は絶対やってる」等と言われているようですが、記事を書いている私も一目でやっていると思いました。

少し目の話に戻りますが、高梨さんはテレビでやたらとメイクをしていると発言されております。

しかし恐らくこの発言は整形から視聴者の目を遠ざけるための発言であり、実際は結構いじっているのではと思います。

目がパッチリ二重でない人は、まず鼻よりも目を先に直したいと思うのが普通だと思います。

高梨さんにおいても目を整形せずに鼻だけを整形するとは考えにくいので、恐らく目の整形もやっているのではと考えられます。

スポンサーリンク

さて話を鼻に戻していきます。

まず皆さんが最初に目についたのが鼻筋でしょう。昔は鼻根の位置もよく分からず、鼻筋もはっきりとしない少し丸みを帯びた鼻をされておりましたが、現在は鼻筋の通った綺麗な美しい鼻に仕上がっております。

鼻筋を整形するには主に「ヒアルロン酸、ヒアルロン酸より持続効果が長い液、シリコンプロテーゼ」が存在します。

前2つは安く、短時間で仕上げる事が出来るため、最近は鼻筋整形でも人気のある施術だそうですが、お金持ちの高梨さんがわざわざヒアルロン酸等を選択するとは考えにくいので、恐らくシリコンプロテーゼを入れたのでは?と考えられます。

やはり、ヒアルロン酸は数年で吸収されてなくなってしまいますし、吸収される度にクリニックに通うのは少々抵抗があると思いますので、一括で半永久的な効果が期待できるプロテーゼを選択された事でしょう。

もちろんヒアルロン酸にも手軽さというメリットがありますが、やはり安い分メリットを上回るデメリットがある事でしょう。

 

さてシリコンプロテーゼを入れたとなると、どこをどう直したのでしょうか?

まず注目していただきたいのが鼻根です。


WS000016

現在
WS000017
誰がどう見ても膨らんでいる事がお分かりになるかと思います。

へこんでいた部分が綺麗に隆起しておりますね。

またこの画像は荒いため、鼻筋の違いはよく分かりませんが、段落初めにある画像を比較していただくと、最初に記載させていただいた通り、鼻筋が非常によく通っていますね。

そして今回は鼻筋までもが綺麗に通っている事から、シリコンプロテーゼは鼻根のみに挿入されたのではなく、鼻根から鼻先にかけてI型の真っ直ぐなプロテーゼを挿入したと考えられます。

昔はL型というプロテーゼを使う事が多かったようですが、鼻先が丁度L字の直角部分に当たるため、鼻先に非常に負担がかかっていたようです。

そのためか、現在はI型が主流になっているようですね。

 

さて高梨さんの鼻を見てみると、結果はどうでしょうか・・・? ボチボチ成功とみていいかもしれません。

元々平たい顔をされていた高梨さんですが、目が大きくなり、鼻も少し高くされました。

しかし、高梨さんの横顔を見ていただくと、個人的にはまだ鼻の高さがアンバランスな気がします。
WS000018
目が小さい時は元の鼻の高さでよかったとは思いますが、目を大きくしたことにより、それに伴って、鼻もそれなりに高くしないと、少々バランスがあれかなあと思います。

まあ今後は自身が「もっと鼻を高くしたい」と考えるようになれば、すぐに鼻を高くする整形を行うとは思いますが、彼女はスキージャンプ選手であるため、転倒する可能性も大きくあります。

私はプロテーゼを入れていないので何とも言えませんが、プロテーゼはいくら身体に馴染むと言っても結局は、異物である事は変わりありません。

もし転倒したら鼻からプロテーゼが飛び出す事も十分に考えられます。

まあここの所は本人が一番よく分かっていると思いますので、転倒しないように十分気をつけながらプレーしていただきたいと思います。

 

続いて個人的に気になった鼻先について見ていきたいと思います。


WS000019

現在
WS000020
お分かりいただけたでしょうか?

鼻先の高さが昔と今でかなり違っている事がお分かりになるかと思います。

昔は鼻先が上を向き、若干ブタ鼻っぽくなっておりましたが、鼻先が若干下を向いたことにより、鼻の形状が美しくなりました。

鼻先を前に出す施術には軟骨を鼻先に入れて前に出すというものがありますが、今回の場合は鼻先が下方向に向いておりますので、この施術では高梨さんの鼻は出来上がる事はありません。

恐らく高梨さんは鼻先を下方向に出す「鼻中隔延長手術」というものを受けられたのだと考えられます。

この施術は単に鼻先に軟骨を入れるのではなく、2枚に重ねた楕円形の軟骨を鼻先に入れていきます。これは通常の軟骨よりも形状が細長く、さらに丸みを帯びている為、鼻先を延長させるのに非常に効果的な軟骨のようです。
WS000021
適当に作成した画像で申し訳ありませんが、上のような同じ楕円形上の板が入っている状態です(画像は2枚が対象になっておりませんが、実際は同じサイズの板を使用するようです)

この施術は鼻先を出すのには非常に効果的な施術のようですが、鼻先をあまり出そうとし過ぎると、鼻先が薄くなり、軟骨が浮き出てきてしまう事があるので注意が必要となります。

また楕円形上の板が2枚入っている為、通常よりも鼻先にかかる負担はかなり大きくなってきます。

そのため、鼻先が曲がる可能性もゼロではないと思いますので、この点に関しては、施術をしてくれる担当の医師としっかりと話し合うようにしましょう。

元の鼻よりも鼻が歪んだりしたら嫌ですからね・・・

 

歯並びは?


WS000022

現在
WS000023
昔から歯並びはかなりきれいですね。

ネット上では歯列矯正をした、セラミックなの?的な噂が広がっているようですが、昔からこれだけ綺麗な歯並びをされているのに、わざわざセラミックにする必要もないでしょう。

しかし、歯自体はかなり白すぎる気がしますので、ホワイトニングくらいはしているかもしれません。

しかしホワイトニングなんてものは、一般人でもかなりやっていると思いますので、このレベルであれば、どうこう騒ぐ必要はないと思います。

 

顔の大きさは?

ネット上では高梨さんの顔がかなりでかいと言われているようですね。画像で比較してみる事にしましょう。

こちら
WS000024
こちらはmiwaさんと並んだ画像になります。

確かによく見るとmiwaさんの方が顎周りが小さい気がしますが、全体的な大きさはそこまで変わらないと思います。

確かに他の女性芸能人と比較すると、顔でかいなあと思う事も少しはありますが、それはその女優さんの顔が小さすぎるだけなため、特段、高梨さんの顔がでかすぎるとかそういった事はないと思われます。

しかし高梨さんは最近になって、かなり美意識が高くなってきている気がしますので、目と鼻の次はエラやあごの整形に手を出す可能性も全くないとは言えないと思います。

 

すっぴんは?

コチラをご覧ください。
WS000025
こちらは昔のすっぴんなので顔が少し違いますが、今回はそこではなく、肌の質感に着目していただきたいと思います。

パッと見ても分かるように、高梨さんは肌に吹き出物が一切なく、とてもきれいな肌質をされている事が分かります。

ここからは個人的な意見ですが、運動している女性は肌の荒れや吹き出物がかなり少ないと思います。

逆にインドア派で趣味がお菓子を食べながらゲームや映画を見る人だと、少し肌が荒れている人が多い気がします(あくまで私の知り合いの範疇で。)

運動する事により、代謝があがり、吹き出物がなくなっていく可能性もあるかもしれませんので、最近肌荒れが気になる・・・という方がいらっしゃるようでしたら、少し外にでて身体を動かしてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

今回は高梨沙羅さんの整形疑惑に関して詳しく調査してみました。流石にいじってはいないだろうと思っておりましたが、やはり目と鼻はかなり怪しい部類に入ると思います。整形したかどうかの確定的な事は本人と担当した医師しか分かりませんので、メスを入れたかどうかは永遠に謎のままなのかもしれません。

高梨さんはまだお若いので全然大丈夫ですが、年齢を重ねるにつれ、肌荒れやほうれい線などが気になってくると思います。そうなった時に、クリニックに頼るのか自分の力で内部から直していくかでかなり身体にかかる負荷が違ってくると思いますので、そこは慎重に選んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.